うーん、遠いとこまで来てしもた。

うーん、遠いとこまで来てしもた。

日本では稀な地団駄的なコラムを書き続けるバッキーイノウエの昨日・今日・明日を縦横斜めに描こうとしているコラムです。 「いろいろある、いろいろあるんです」をスローガンにしている京都は裏寺の百練という食堂、「伝統と今日気づかせてもらったこと」で生計を立てている錦・高倉屋、問題はエアコンだと主張している酒場ライターが送るコラムや情報を送ります。

月額500円

ライター紹介

バッキー井上

デジタル書籍紹介

デジタル書籍名 うーん、遠いとこまで来てしもた。
価格 月額500円
発行周期 週刊
発行形式 HTMLメール

サンプル

【ずっと入れなかった店。】  京都以外で暮らしたことがなく、子供の頃から繁華街を走りまわり若い頃から街のさまざまな店に行き始め、時代も店も変わっていく中で40年ほどやってきた俺が、二十年以上も気になりながらどうしても暖簾をくぐれなかった店がある。  二十代や三十前半の頃はどこでも行ってやろうと思っていたので、縁がなくてもその店がどんな店か全く知らなくても扉を開けていけそうなら適当に飲んでいた時もあったし、街に出て誰も全く知らない店に飛び込んで飲むということが仕事な時もあった。もちろん食べログもネットもなかったし情報誌とも縁のない店の扉を勘で開けて飲むというミッションばかりだった。行った店は京阪神だけで五千軒以上になる。  そんなことをしてきた男なのに地元京都の、しかもホームグランドとでもいうべき裏寺周辺にある居酒屋の扉を開くことが出来なかった。暖簾を長いことくぐれなかった。  会員制という札があるわけでもなく、一見を拒むような業態でもないけれどその居酒屋の扉を長いこと開けられなかったのは、あまりにも佇まいが美しいので、その中のバランスを壊しそうな気がしたので触れられなかったんだと思う。  店には行っていい店といけない店があるのだ。雑誌やネットで見てその店のことを知り行っていいことを確認できたとしても、その店の前で躊躇したり、扉を開けた瞬間に「間違いました」と言って店に入らなかったりすることは生き物として当然だと思う。  例えすべてのものを持っている人であっても行っていい店と行けない店がある。それがあるから街は素敵なのだと思う。行けない店などないと思う人だからそこへ行ってはいけないということが往々にしてあるのだ。まだまだ街は我々を泣かせてくれる。あー、というしかない。


バックナンバー

  • 2017/07/24【うーん、遠いとこまで来てしもた。】腹減り度を問うことでシアワセになれる。
  • 2017/06/15【うーん、遠いとこまで来てしもた。】真っ赤なコートの母親。
  • 2017/06/08【うーん、遠いとこまで来てしもた。】ソフィア・ローレンな母。
  • 2017/02/24【うーん、遠いとこまで来てしもた。】57はハタチの延長線上だ。
  • 2017/02/13【うーん、遠いとこまで来てしもた。】バーに行けば、もうひとりの俺が現れる。

ログイン

  • 長島昭久公式ホームページ
  • つちやみきのボディメンタルトリップ
  • 京つけもの 錦・高倉屋
  • 京都・裏寺 メシと酒「百練」
  • 京都の龍馬とおりょう 京都龍馬会